教育ローンの審査が通らない主な理由

>

教育ローンの審査に通らない理由とその対策

教育ローンの審査の厳しさ

ところが教育ローンには思わぬ落とし穴がありこれが借りる側にとって一番の問題となっています。
それは借り入れ審査の異様な厳しさにあり、下手をすると審査に落ちてしまう可能性が健全に家計を運用している方でも発生しかねません。
ではなぜこんなに審査の内容が厳しく設定されているのかというとまず第一に借り入れ金額に対しての返済期間の長さや固定金利による低金利のため通常のローンに比べて審査を厳しくせざるをえないという貸す側の事情というのが色濃く影を落としています。
また年収や今までの借り入れ履歴や返済に過去延滞事実がないかどうか、過去の既成事実に対して徹底的に調べられますのでちょっとでも該当箇所のある方は一発で審査に落ちてしまいます。

世帯年収が大きいと審査に通らない

まず審査の場合に落ちる確率の高い方の特徴としては年収額の大きい人はまず通らないといって良いでしょう。
なぜなら収入額が大きいのであれば困窮しているとは言いがたく援助する意義が薄いと考えるケースがとても多いからなのです。
あと金融事故が過去にあった人は間違いなく審査に通りません。
また短期の延滞でさえも審査に落ちる要因になります。
そして他社借り入れが多い人もまず審査は通らず、返済比率が30%以上の人もまず審査には通りません。
あとカードローンやキャッシングに手を出している人も審査には通らない可能性が非常に高いです。
さらに専業主婦やアルバイトに従事している人はほぼ審査が通りません。
このように教育ローンの審査基準はハードルが非常に高いので申し込みをする場合はお金に対しての身辺整理を十分行ってから申し込みに入りましょう。


この記事をシェアする